• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
All About my Salsa [東京/ 大阪サルサ情報]
六本木・大阪・神戸等のサルサイベント・ダンス・レッスン情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : コラム
"夜のラテン授業”で、日本サルサ界の奥深さを知る
DATE : 2013-06-09-Sun  Trackback 0  Comment 0
去る5月31日「TOKYO PACHANGA Vol.2」というイベントにいってきました。

「高円寺のメキシコレストランで、ゴハン食べながらライブが聴けるらしいよ~」
…という、軽い事前情報だけで参加したのですが、これがものすごぉ~く濃厚で、ディープで、濃ゆい(←ぜんぶ同じ意味だw)イベントだったのです!あの夜の熱狂を思い出すと、いまだにちょっと興奮する(笑)

というわけで、勉強になる情報が多すぎて、まとめるのが大変なレベルなので、自分の中で風化してしまう前に、備忘録をササっと。


「夜のラテン授業」の概要


先に「TOKYO PACHANGA Vol.2」というイベントの構成を説明しておきますね。
主催は洋楽中心のインディペンデント・レコード会社であるMUSIC CAMPさん。
会場は高円寺のメキシコレストラン"ROJO AMIGO KITCHEN"。
収容人数は30~50人くらいの、割とこじんまりとしたお店。

タイムスケジュールはこんなかんじ。
●18時~:食事タイム。
●19時~:MUSIC CAMP代表の宮田信さんと、音楽評論家の藤田正さんによるトークショー。
●20時~:CHITLIN BROTHERS(後述)によるラテンライブ。



河村要助のイラストに衝撃をうけた


で、まず宮田さんと藤田さんによるトークショー。

テーマは「70年代に、サルサがどう日本にやってきたか」的な内容なんだけど、知らないネタだらけ!
「ほぇ~」「マジ~!」「すげー!」「ウケるwww」「意味わかんない!」の連続!!
めくるめく超ディープトーク。


主な話題としては
「70年代の伝説イラストレーター、河村要助のサルサ・イラスト解説」
をベースに、当時の音楽シーンはどうだったとか、どういう時にアイデンティティに目覚めるのか…みたいなストーリーを、宮田さんと藤田さんの漫談形式で軽妙にすすんでいくのでした(笑)

で、そこで紹介された河村要助のイラストっていうのが、なんかすごい。
色々説明してもらって、「ほほー!」とは思ったものの、まだよくわかってないのですが。
「芸術肌」「前衛的」「マニアック」「クレージー」「クール」etcのニュアンスがミックスされたかんじ。









とりあえず、魂が「河村要助の画集は買って帰るべし!」と吠えたので、店頭販売されてたのを1冊ゲットした。
藤田さんと宮田さんのトークは、どこまでも続きそうだったが、1時間ちょいで終了。
濃密な時間だった。。。


オヤジかっこいい音楽ライヴ


そして、第2部。
いよいよライヴである。

(イベント告知文より)
ロサンゼルスのチカーノ~ブルース・シーンで大活躍するテツヤ・テックス・ナカムラ(har)と名ロッキン・ギタリスト、石坂和弘によるChitlin' Brothers 、そして70年代からラテン・ロック~サルサを奏でて来た日本を代表するラテン・パーカッショニスト、ウィリー・ナガサキが共演!


恥ずかしながら、これほど素晴らしいラテンミュージシャンの皆さまを、私はこれまで知りませんでした!
あのティト・プエンテカルロス・サンタナ(ウィリーさんは「チャールズ」って言ってたけど^^)と共演したという凄腕の方々。
ド迫力の演奏を、最前列で聴けて幸せでした。
着席形式じゃなければ、踊りたかったです。


メキシコで一番好きな曲、TRIO LOS PANCHOSの「Sabor A Mi」も演奏してくれたし、大満足でした。




その他、気になったネタ


●サルサ天国

河村要助イズム全開でサルサを紹介した画集。現在は絶版しており、超入手困難らしい。


●Far East Network

在日米軍用のラジオ放送で、70年代にラテン音楽やサルサを流していたらしい。米軍基地の近くに住んでいた人は、その電波が受信できて、アメリカンサルサカルチャーに触れていたとのこと。現在の名称は"American Forces Network(AFN)"。
日常的に聴けたらいいなぁ。


以上
レポートでした。
次回TOKYO PACHANGA Vol.3の開催を楽しみにしてます。
イベント告知はMUSIC CAMPさんのWEBサイトを要チェック!
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 All About my Salsa [東京/ 大阪サルサ情報]. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。